両者を比較してみる|ヘルペス薬として優秀なのはゾビラックスかバルトレックスか

両者を比較してみる

コップと薬

ヘルペスウイルスに感染したまま放置していると、体内でウイルスが繁殖し、どんどん症状が悪化してしまいます。
自然に治癒することはないため、ヘルペス感染に気づいた場合は迅速な治療が大切になります。
初期段階での治療であればダメージは少なく、早期治療も可能ですよね。

さて、ヘルペス治療に効果的なヘルペス薬の紹介ですが、最も有名かつよく利用されているのがゾビラックスです。
ゾビラックスは医療機関からも処方されているほど代表的なヘルペス薬で、ヘルペスウイルスの増殖を防ぎ、そのまま死滅させてくれます。
副作用も出にくく、安心してヘルペス治療ができるはずです。
しかし、水に分解されやすいという特徴を持っているため、正しく効果を発揮させるためには1日に複数回服用しなければいけません。
風邪薬などはよく朝昼晩の3回に服用してくださいと言われますが、ゾビラックスの場合は1日に5回も服用しなければいけません。
他の医薬品よりも服用回数が多くなっているので、飲み忘れには注意しましょう。

今まではゾビラックスを使ってのヘルペス治療が一般的だったのですが、最近ではバルトレックスを使ったヘルペス治療も増えています。
バルトレックスはゾビラックスを改良して開発されたプロドラッグで、ゾビラックスの問題点だった服用回数の多さを解消しています。
バルトレックスなら1日の服用回数が3回と少なく、朝昼晩など服用タイミングが決めやすいので、ゾビラックスよりも飲み忘れのリスクが少なくなっているのです。